宿泊者名簿に記載しないといけない事項は?

投稿日: カテゴリー: 民泊・ゲストハウス

今回は、「宿泊者名簿」について書いてみます。

旅館業を営むのであれば、宿泊者名簿を備える必要があります。

宿泊者名簿の内容は、

①氏名

②住所

③職業

④宿泊者が日本国内に住所を有しない外国人であるときは、国籍、旅券番号

⑤その他都道府県知事が必要と定める事項

とされていて、

⑤の事項について、山梨県の場合には、

イ 客室名(番号)

ロ 到着年月日

ハ 出発年月日

ニ 前夜宿泊地名

ホ 行先地名

へ 年齢

となっています。

まとめると、

①宿泊者の氏名

②住所

③職業

④年齢

⑤国籍、旅券番号(宿泊者が日本国内に住所を有しない外国人の場合)

⑥客室名・番号

⑦到着年月日

⑧出発年月日

⑨前夜宿泊地名

⑩行先地名

これら10項目を宿泊者名簿に記載して、1年間(山梨県の場合)保存しておく必要があります。

(前夜宿泊地名や行先地名などは、感染症が発生したときの感染ルートの特定のためだそうです)

これらを記載した宿泊者名簿を備えず、行政職員の提出要求があったのに提出しなかった場合には、5,000円以下の罰金に処されることがあります。

ちなみに、テロ対策の強化のため、旅券の写し(コピー)をとることも要求されています。

宿泊者名簿は記載事項が多いので、宿泊するお客さんの負担を減らすためにも、予約時にわかっている事項以外のものだけを聞き取ったり、記載してもらうという工夫が必要かもしれません。