俺の本棚①環境系

投稿日: カテゴリー: 俺の本棚

桜はとっくに散ってしまいました。

日中は暑く、半袖でもいいような気候ですね。

アイスが食べたい。

 

パンパカパーン

突然ですが、私の本棚にある本を紹介するコーナー

「俺の本棚」シリーズを始めます。

漢字ばっかりの本がほとんどで漫画とかありません、たぶん。

先に謝っておきます。ゴメンナサイ。

 

今回は「環境系」がテーマです。エコです。エコロジーです。エコエコロジロジ〜。

 

環境法といっても、「環境法」という法律があるわけではなく、

環境基本法や循環型社会形成推進基本法、廃棄物処理法、水質汚濁防止法、大気汚染防止法など、環境保全に関する法律の総称です。

この著者は上智大学法科大学院の北村喜宣先生。

環境法というとこの先生しか思い浮かびません。というか、他は知りません。

とりあえず、私は環境法の基本書として使っています。

 

図解でよ〜くわかります。

産廃の全体像を理解するうえでとても役に立ちました。

著者は行政書士の尾上雅典先生です。

初めての業務にあたるときは、こうした業界の入門書を一冊読んでおくようにしています。

 

 

基本的には上記2冊を中心に、あとは図書館で調べたり、ネットで調べたり、条文に当たったり、というところです。

 

おしまい

 

懲りずにまた見てね(次はあるのか!?)